イヤな気分になってることに気づいたとき

自動的に過去のことがいろいろ思い出されて、いつのまにかイヤな気分になってることがある

そういうときは、なんでイヤな気分かそのままノートに書きます

私は、友だちだった人と別れたときのことを幾つか思い出して、悔しくてイヤな気分になっていました

後味悪い別れ方、本当の事を言えないまま自分が悪者になった別れ方…

自分に質問して、自分で答えて、自分とのやりとりをノートに書いていくと、

相手に対して悔しい、相手を悪く思いたい、誰かに話して私は悪くないんだとわかってもらいたい気持ちも出てきた

さらに、きれいに別れたいと思ってる相手からもらった不自然なメールも思い出し、人馬鹿にしてる!と怒りを感じました

これは、ハッ!私も前に同じことやった!と思い出して、きれいごとした自分を許せてないから相手のその行為に怒りを感じるんだとわかりました

そう、

そんな別れ方をした自分が許せない

誰かにじゃなくて、自分にわかってもらって、自分に許されたいから、イヤな気分を使って私に気付いてもらいたいんだとわかりました

あの時あんなふうにしかできなかった自分、みじめな自分、悲しい自分、かっこ悪い自分…いいよいいよいいよーーと全部許した

誰かが悪い、誰かのせいだと思ってるうちは苦しいけど、その誰かの中に自分を見つけて辿っていくと、だからだったのか!とわかってスッキリする

結局「自分」、やっぱり「自分」なんだとつくづく思います。そして、だからほっとする。

    次の記事

    満タン