夢から覚めた

この前、友だちに会ってお茶のみしてお昼ごはんを食べました。

友だちの話で私のこころに飛び込んで来たキーワードがありました。

「こころを整える」

漢字の「心」でなくてひらがなのでした。キーワードを聞くたびに私のこころはぴょんと飛び上がって喜ぶのがわかりました。

お昼ごはんを食べて、飲み物を飲んでるとき、私が長年抱えている「やせたい」ことについての話になりました。

友だちは、シンプルな質問を私にそっとして、私は感じたことを答えました。

それに対して友だちは感じたことをまた質問します。

それを繰り返していくと、複雑と思っていた問題がわかりやすく整理されてきました。

頭で考えないことがポイントだと思いました。

自分に「ダメ出し」をしないことという答えにたどり着きました。

そのあと、一人帰り道、

「ダメ出し」とこころに浮かびました。

「ダメ出し」されたら嫌なことだと思いました。されて嫌なこと他には、

批判、比べられる、強制、命令

・・・これを自分が自分にしないこと

それはどういうこと?

「そのままの私でいい」ということ

「今のこの私でいい」ということなんだ・・・と思ったら

じゃ、やせる必要ないんじゃないか!

どうしたらやせるかなんて考える必要ない!

と気づいた!

長い間眠ってて、夢から覚めたようでした。

本当にこころからわかるのは意識の変化、違いがあり、それは頭でわかってた時にはなかったものでした。

友だちは、私のこころを整えてくれました。おかげで私は本当にほしかった答えにたどり着けました。