バンコク覚え書き

タクシー

安いし、いくらでも走ってるので、移動するのには最適です。

メーターは、35バーツからスタート

このときは、10バーツ=27円くらいだから、1メーター94.5円

笑ってしまうほど安い!30分くらい走っても80バーツ以内だった。

  • 乗り込む前に行き先、メーター使ってくれるか確認。ダメなら降りる
  • 行き先はGoogle翻訳でタイ語にして見せました
  • 朝夕のラッシュ時は避ける
  • バスは古くて、ドア全開を見てやめました
  • 流しているピンク色のタクシーを拾って乗りました
  • 客待ちしているタクシー、ツートーンのタクシーには乗りませんでした
  • スワンナプーム空港から配車タクシーでホテル(カオサンロード)まで750バーツ(空港使用料、高速代込)。料金表を見せられたので、高いけど空港から乗る場合は決まってるんだと思いました。
  • トゥクトゥク、路上にいっぱい止まってて声を掛けてきますが、わからないと思って騙すようなことを言ってきたので乗りませんでした。

お買い物

値切ると応えてくれます。

20〜30バーツくらいは負けてくれます

春ちゃんが250バーツのTシャツをプライスダウンと言ったら、お店の人にいくらだったらいいの?と逆に聞かれて、春ちゃんは真剣に考えて真剣な顔で「2バーツ」と言いました。本当は200と言うわけでした。

お店の人は受けて笑ってました。

そういうやり取りも楽しいかったです。

トイレ

  • 使ったトイレットペーパーは流さず、備えつけの箱に入れます
  • トイレットペーパーが無いところもありますので、テッシュペーパーを持ち歩きました
  • ジェットがあるところもあります。これで便器内の汚れを流します。ジェットが無いところは仕方ありません、そのままになります

ホテルの部屋のトイレで、「あっ!」とか「はっ!」と声が聞こえたときは、お互いに「間違って流したな」とすぐわかりました。

だから、私はトイレにはいるときは緊張感がありました。

お金

タイの空港ではじめに15000円両替しました。また足りなくなったので5000円両替しようと思ったら、1万円札しかなかったので5000円だけと言ったら、それはできないと言われ1万円分両替しました。

円も細かくしたけばよかったと思いました。

両替所は、探せばすぐに見つかります。どこもほとんど同じです。

バーツも使うのは100、50、20が多かった。チップを渡すのに小銭の10、5バーツも出番が多かったです。

セブンイレブンがそっちこっちにあるのでそこで買い物してお金をくずしました。

タクシーもお釣りがない場合があると聞いたので、細かく持ってると安心です。

ワット・パクナム

とってもおすすめ!

入場料は無料でした。

ことば

タイ語、英語

日本語が少しわかる人もたまにいました。

タクシーに乗るとき春ちゃん、「一番近いビックC」って日本語なんだけど、英語風に言った。自然に出てきた感じでおもしろかった。

ホテルで朝ごはんのとき、隣に座ってた外国人に「どこからきたの?」って英語で話しかけられたとき、日本だと言ったら、オー、ジャポン!これから私ら日本に行くんだ、東京と札幌に行くのよって、その後は何言ってるのかわからなかったけど、外国人とのコミュニケーションって楽しい!とうれしくなりました。

もっと英語で会話を楽しみたいととても思いました。

コンセント

タイは220Vだけど、iPhoneの充電器は240Vまで対応できるので問題ありませんでした

コンセントの型もCタイプを用意して行ったけど、使わずに済みました

    前の記事

    バンコク5

    次の記事

    ぼんちゃんのこと